2017年9月27日 (水曜日)

遠征へ

 
 
遂に隠岐へ行って来ました~sign03
 
 
今回は私と友人との2連休を利用しての釣行です!
 

Xdtjh

天候にも恵まれ・・・ 

真っ直ぐ突き進む隠岐汽船。

 

船上から広い海を眺める・・・

そして片手にはビール。くぅ~最高heart04

 

ガチで海を見ていると・・・

時折見かけるシイラの姿。

中には背びれ出してベイトを追っかけ回し、

その瞬発力には驚きました。

 

そんなフェリーもそれなりには楽しめましたが、

結論から言えば乗船時間2時間は退屈。

 
さて、いよいよ隠岐の島が間近に迫ってきましたsign01
 

F789

今回の釣行は、この到着した日の夕まずめと

明日の朝まずめを狙います。

往復フェリーと言う事もあり 実釣時間は短い。
 
時期的にもちょっと中途半端・・・
 
まあそこはね。行ける時に行っとこうかなと。。。
 
で、準備もね。しましたよ。
 
この日のために 20cmのトッププラグも用意し、
 
自分でもこの大きさは半信半疑だったけど(笑)
 
PE5号と言う事もあり とにかく飛距離がほしかったので。
 
 
さて、どうなる?一日目。

W346

先ずは海の綺麗さに驚いた。 

 

そして磯に入る。

Se5y

14時頃到着。ここから17時まで狙う予定。

 

これからの時間勝負するならジグでしょう・・・

とジグをセットしたが いや しかしここは隠岐だ・・・

2本目の竿にはトップをセットして

まずはトップからはじめた。

状況はベイトは確認できず、ナブラもなし。

隠岐なら激流になる事も…と想定していたが

一面はべた凪 宍道湖のような状態sweat01

波気の無い海はプラグも見切られるのでは?

この動きで良いのか?と不安になります。

トップ反応ありません

もちろんジグもしてみます

すると20cmのアカヒラがHIT!

やっぱ隠岐はサイズが違うねと友人と笑った。

がその後さっぱり釣れず、冗談にならなくなってきた。

イグルーのでかいクーラーパカッと開けて

20cmが一つ出てくるなんて 絶対いや~

 

後がない二日目。

Se457

何もかもスケールが大きく見える隠岐。

やっぱり大物を狙いたい!

と、昨日は20cmのプラグも投げてはみたが

べた凪にはどうなんすかね。

波気がある時、薄暗い時の方が有効なのかな?

 

さて、この日は 友人はダイペン 

私はポッパーからスタート。

 

 

したものの・・・

何事もなく1時間が経過・・・

 

プラグとっかえひっかえ 正直今回の遠征のために

新調しすぎて扱いきれていない始末sweat02

 

もしかして今日も釣れない?

そんな頃・・・

 

お隣のロッドが弧を描いていた!

おい!釣れちょーがや!!

すげ~曲がってる・・・

でかいだろー??

「いや、大したことない」

・・・

そう言うので冷静に見てると

浮かんできた魚体がっ!?

おい でけーがや!!

ギャフ用意するわ!

どさくさしてる間に

友人はずり上げた。

 

 

瞬殺。。。(あ、やっつけたほうね 笑)

 

Sert

朝日に照らされ 美しく光り輝く魚体shine

ぼくちゃんにはジェラシーで光って見えるのかな?と思ってたけど・・・

ほんとに光ってたんだね・・・  

あぁ~いいなぁ~ 隠岐のヒラマサ。。。

隠岐マサちゃんshine

Sery

当の本人は小さいと思っていたらしい。

私の苦労して釣り上げた過去最高の82㎝という記録を

初めて釣り上げたヒラマサで軽く追い抜いていった今回の90㎝。

どうなのよこれ(笑)

普通ここは一回ばらして その悔しさをバネにやっと取れた90㎝!ってのが筋書じゃね?

おっとジェラシ~の塊になってしまいましたが(笑)

でも、こんなことが起きるのが隠岐なんですよね~

すげ~わ ほんと。

ただね、友人のやり取りも上手でしたね。

腕力あるからしっかりロッド立ててポンピング使いませんでしたから。

そしてあんなに弧を描いたジギングロッド見たの初めてでした(笑)

ドラグは一切出さず。

突っ込む、走るがほとんどありませんでした

やっぱりタックルはバランスかねぇ~

リーダー45LBですからね。

曲がる竿は魚も暴れにくくリーダーも切れない??ってか~

よくぞ折れなかったMAX90gのダイワのSJ96MH!

そんな竿じゃ隠岐のヒラマサは無理じゃない?と言っていた私。

R568

腕を磨いてまたリベンジしたいなって思ってますsign03

 

いや~スリリングな2日間。最高でした!

 

ありがとう 次回こそはっpunch

 

 

 

| | トラックバック (0)

2016年9月29日 (木曜日)

プチ遠征

Kj

プチ遠征に行って来ました・・・

 

過去2回この島でのヒラマサはまだ釣っていない。。。
 
 
魚影は濃い。
 
 
ポテンシャルはかなりのもの・・・
 
 
回遊魚である青物のチャンスも必ずあるはず・・・
 
 
そのチャンスは一瞬かもしれない・・・
 
 
その一瞬をものにしなければ・・・
 
 
釣果は・・・ない。 
 
 
そう・・・
 
 
釣果がない前振りですww
 
 
 
 
 
さて、今回のプチ遠征離島
 
最近ではヨコワも釣れているみたいだし?
 
ちょっくら行ってみますか~up
 
とヒサさんと出かけてみました。
 
過去二回で80cmのマルゴは釣ってますが
 
本命ヒラマサはまだGETしてないのです(私は)
 
 
 
今回は北向きのポイントに入りました(初)
 
水深は恐らく20m前後。
 
いつもやってる感じの水深だが・・・
 
 
 
しかしこの島は・・・やはり違った。
 
 
上礁後、準備中にいきなりナブラ!(近いぞ!)
 
 
ちょっと距離を置いて単発のボイルも!(でかいぞ!)
 
 
上空には鳥がウロウロ!(ベイトが浮いている!)
 
 
いや~興奮しましたねぇ~ 
 
着いていきなりのチャンスタイム!
 
慌ててダイペンぶん投げてやりましたよ!
 

当然反応でまくりで。
 
この時合でヒサさんハマチ二本、豆平一本をサクッと仕留めた。
 
が、サイズがサイズだけに納得していない様子。。。
 
釣れてるだけでいいじゃないかannoy
 
そんな私は・・・ 
 
何回か水面割ってアタックしてきたが 乗せ切れず・・・
 
興奮冷めやらぬまま時合は終了sweat02
 
釣れなかったことが嘘のようでした。
 
これだけ反応があってヒサさんもトップで3本も取ってるのですから。。。
 
普段ジグ好きの私ですが トップの威力を痛感しましたわ。
 
そして完全に練習不足でしたsweat01
 
 
さてさて、気を取り直して!!
 
 
チャンスタイム後は ジグに変えて ジギングです!
 
Jdryi
 
アカミズ(キジハタ)がヒットしました。
 
こいつは過去最高の43cmありました。 島根半島での最高は39cmだから
 
やはりこのサイズがサクッと出るところがこの島のすごいとこですわな~heart04
 
で、その後は沈黙が続き・・・
 
あまりにも釣れねーので
 
ルアー用のフックにべべ貝10個くらい串刺しにして
 
ぶっこんでみる。
 
 
それがなんと!

Kb

こんな魚が釣れました~scissors

いやいやいや 偶然もいいとこですね マジで。

中々釣れない魚のはずだから 今回はうまく沈み瀬に入ったようです。

ほんと驚きました。 でこいつを釣り上げタイムアップ!

12時で終了しました~。

Ghm

潮は終始動いてました。エサ釣りの方 竿曲がりっぱなし!

 

ホント良いとこですね~

P9y7

ま、ヒラマサは釣れませんでしたが・・・ 残念。 

 

次の機会(リベンジ)を楽しみに・・・

 

当分は半島での釣りを楽しみます。。。

 

(_´Д`)ノ~~

 
 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

地球丸 Rod and Reel DVDマガジン バッシングはいすくーる THE☆MOVIE
価格:4104円(税込、送料別) (2016/9/29時点)


| | トラックバック (0)

2015年11月24日 (火曜日)

プチ遠征 

お久しぶりですsweat01
 
 
釣りには行っておりますが・・・
 
先週は単独地磯でフカセ釣り。(コッパのみ)
 
 
そして今週!
 
予定しておりましたヒサさんとの釣行。
 
 
前日、こちら半島東部では北東の風が強いと言う事で
 
沖磯はダメ・・・
 
ならば!と思い切ってプチ遠征を計画。
 
無事予約も取れた。
 
そして私たちは前日の夜から現地入り。
 
今回は車中シート全開で心地よく眠ることができた。
 
3時間後に起床。
 
ゆっくり準備を始め 5時半には船へ乗り込んだ。
 
Image14
 
湾内は穏やか。 風も無い。
 
波予測(ヤフー)は 波高1.5m 波周期は7.0だから
 
外に出れば全然違うんでしょうが・・・
 
そして薄っすら明るくなる頃に渡礁した
 
Image7  
 
心配していた外海も至って穏やかだった。
 
風の影響も無い様子。
 
さあ~準備準備~~heart04
 
ここはドン深ポイント!
 
いきなりジグから攻めちゃいます!
 
狙うはもちろん青物!
 
大物にも備え95HHHでガチ勝負です!
 
先ずは到着後のゴールデンタイム!
 
1~2時間は休憩なしでガンガンしゃくります!
 
ジグは150gです!動きより手返し重視!
 
シャクリます・・・シャクリます・・・
 
きたっ!
 
私のジグにHITsign03
 
ん~!?
 
こりゃ青物ではないね~
 
テンションかけ、ゆっくりポンピングせずにゴリゴリ巻いていきます
 
外れるなよ~
 
するとオレンジ色の魚体がくるくる回りながら海面に現れた!
 
よっしゃ!高級なヤツじゃないか!
 
Image6
 
     おぉ~~
 
Image5
 
上顎がっつり貫通していた。
 
いや~しかしポテンシャルは高い!
 
こんなのがサクッと出ちゃうからなぁheart04
 
しかし期待したそれ以降・・・
 
青物の反応は無かった。
 
ゴールデンタイムを終える頃には
 
もう頭の中は根魚モードになっていた。
 
 
そしてヒサさんは・・・
 
私がポツリポツリと根魚を吊り上げる横で
 
ずっと青物を狙い続けた・・・
 
熱い男だねぇ~!
 
私は渡船代の元を取ろうと必死・・・
 
ちっさい男だねぇ~!
 
Image8
 
しかし そんなヒサさんの熱い想いは届かず・・・
 
結局 青物の反応は皆無で終わりやした~sweat01 
 
PM12時 納竿
 
アカミズは40cmジャスト。アヤメカサゴは30cmオーバー。
 
Image12
 
Wd

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年9月23日 (水曜日)

プチ遠征 離島

お久しぶりですsweat01

 
釣りには行ってますが残念ながらヒラマサは釣れておらず・・・
 
このままではいかん!
 
いかん いかん いかーんsign03
 
ということで!
 
今回はプチ遠征 離島に行って参りました!
 
シルバーウィークの恩恵でなんとメンツも4人!
 
ヒサさん、みっちゃん、ヒデヲさんそして私と。
 
準備にも気合が入ります! 
 
Image14
 
当日のタックルはコレで行こうと思います(てか いつも通りです 笑)
 
狙いのポイントに入れれば 水深が4~50mはありそうです。
 
使用ジグは120g~150gの予定・・・
 
本流のぶつかるこの島は時期が合えばヨコワも上がる。
 
今回はヨコワも視野に入れ
 
ペンシル、ポッパー 16cm~18cmも用意した。
 
PEもプラグキャスティング用は4号から5号に変更。
 
 
よし!準備はオッケーsign01
 
 
そして当日、23時に集合し
 
なるべく荷物はコンパクトにして4人一台で出発した。
 
予定通りに行けば深夜には到着してしまうが
 
着いてしまえば一安心 そのほうが確実に睡眠が取れるであろうと。
 
ところがどっこい
 
カツカツの車中は思った以上に寝れなかった。
 
いや、全く寝れてないかsweat02
 
(注:垂直になったシートでは寝れませんでした)
 
 
さて!出船時間が近づきました!
 
Image35
 
本日はこちらの船でお世話になります
 
私達は どうやら二番目に上礁できそうです!
 
一番入りたかったポイントは無理そうですが
 
水深ありポイントには入れそうです ラッキーheart04
 
 
 
そして渡礁sign03
 
Image36
 
早く準備したくて写真とっている場合ではありませんでした 笑
 
Image37
 
そして何よりもこの島 傾斜がすごい!
 
Image40
 
このポイントは足場は良いとされていたが良いのは3人までかな?
 
残り一人はこの傾斜からなんですが・・・
 
(暗黙の了解でローテーションしながらやりました。)
 
 
 
そして!遂に迎える期待大の朝一は!? 
 
 
一斉にプラグを投げましたねぇ~
 
 
この最初一投目が楽しみなんですよね~
 
勿論 ヨコワがHITしないかとドキドキです!
 
 
がしかし・・・
 
反応ないまま30分が経過・・・
 
そこで私 しびれきかしてジグにチェンジ。
 
ヒサさん えっ?もうジグ?つってましたわ 笑
 
よし。130gからスタート! 
 
気になる水深は?
 
 
深い! この深さはショアからでは過去に経験がない・・・
 
 
そしてわずか数投目でファーストヒット!!
 
 
おぉ~ 結構いいサイズかもheart01
 
グイグイ 寄せる。深いとこから130g付けて引っ張ってるんで
 
この時点ではサイズ不明。
 
ところが!瀬際まで来ると一気に沖に向かって走った!
 
これがまた過去経験したことのないぐらい半端ない走り方で。
 
今まで全く出なかったドラグが
 
際に来た途端
 
ギャァァァーーーーーーって永遠出ましたね。
 
この状況に焦りまくった私・・・
 
このままではラインが出きってしまう!なんてバカなこと思っちゃって
 
ドラグをカリカリカリと締めたのです。
 
すると急にテンションがかかった勢いでかスイベル結び目からプッツン。
 
あぁ~~ このショックは大きかった。(ヨコワかな?笑)
 
しかし!こうしちゃいられません!もう一度 今度はジグを140gにして
 
再び水深50mへブチ込む!
 
繰り返すこと数投目。
 
ガツン!とでかいバイト!
 
よっしゃヒット!
 
今度は最初からめちゃ引く!
 
うそ~ん また大物掛かっちゃったheart01
 
ゴリゴリ寄せます。 緊張の際まで来ると・・・
 
あら?? 暴れませんな。
 
よし今度は取れそうだ!
 
リフトアップ リフトアップ!浮いた!
 
おぉ!良いサイズ! 
 
そしてヒサさんにギャフ打ちお願いして・・・ 
 
4回スカるsweat01
 
最後はみっちゃんにタモで掬ってもらいゲット~note
 
Image33
 
あらためてギャフ打ちの難しさを思い知らされました
 
Image4
 
ヒラマサかとおもいきやブリでした!ざっと測ると85cm
 
 
同じ場所での連続ヒットなので
 
みっちゃんどうぞ~つったら
 
みっちゃんも一投目で60cmあるかないかのヒラマサをゲットするじゃありませんか!
 
 
すごい!すごいわ この島!
 
やっぱすごいポテンシャルを秘めています!
 
遠路遥々ここまでやって来た(大げさ?)甲斐がありました!
 
がしかし!!
 
ヒサさんに変わる頃には!?
 
時合は終わっていた・・・
 
この出遅れ感に焦りを抱いたヒサさんは
 
この後も いつもの釣りができず空回り・・・
 
私は調子こいて鯛ラバなんぞを少々。
 
すると・・・
 
Image32
 
アヤメカサゴゲット!こんなの半島地磯からは釣れない!
 
その後も オフショアでしか釣れないような魚がポツポツ釣れました!
 
ヒデヲさんも青物はダメでしたが良型の根魚は程々にゲットしておられました。
 
そして時刻は12時半 
 
はいタイムアップ!納竿! 
 
ということで!
 
今回のプチ遠征 離島
 
私は久々の青物ゲットとなりました!
 
私の師匠でもあるヒサさん・・・ 
 
バイトも無しの丸坊主。笑いながら凹んでらっしゃいました 笑
 
ま、次は釣るでしょう!
 
Image30
 
帰りの船待ちの間にパシャリcamera 
 
反対の磯もこの傾斜。ドン深なはずだわ。
 
この延長で水柱のような島らしいから。
 
因みにこの日 私達が入りたかったポイントではヨコワが出ていましたね。
 
やっぱ回ってくるんですね!今回はエサでのヒットですが
 
ルアーでもチャンスはありますよね!また挑戦したいです!
 
 
 
帰宅後 重量測定
 
Image25
 
5キロちょっとsweat01
 
サイズは?
 
Image15
 
80cmジャスト。 なんだ85cmないじゃん!ブリとは呼べない感じですね。
 
その他釣果
 
Image29
 
ヨコスジフエダイとフエフキも。
 
この日の晩は取り敢えず 
 
Image24
 
頭とカマは塩焼きで食べました~
 
 
 
さて 
 
来月あたりも・・・ 
 
ヒサさんとプチ遠征を計画中?? ( ´艸`)プププ   
 

| | コメント (6) | トラックバック (0)